お金を貯めたければ見栄を捨てろ

お金

皆さんこんにちは。

今日はお金の話です。

とはいっても節約や投資では無く、あなたが何故お金を貯める事ができないかという話です。

世の中にはお金を稼ぐ情報は溢れていますが、稼いだ後のお金の使い方や考え方と言った
情報はまだまだ少ないです。

そういった情報を知らない人は結局、稼いだら稼いだ分だけ使ってしまいます。

なので、今回は人間の消費行動である見栄についてお話し、何故、あなたのお金が
貯まらないのかについても解き明かしていきたいと思います。

そもそも見栄とは

見栄とは一般的に見た目や外見等、人の目を気にする時に現れる感情、態度を現します。

例えば、高価なブランド物を服を身にまとったり、高級な車に乗ったりといった、
モノで自分のステータスを大きくみせようと事です。

他にはヘアスタイルを整えたり、化粧をしたりして外見を良く見せようといった
行動も当てはまります。

もちろん見栄自体は悪い感情でも無いですし、誰でも持っています。

ですが、行き過ぎると様々な悪影響を引き起こすのも確かです。

見栄を張るとお金が貯まらない

やはり一番の悪影響はこれです。

特に高級ブランドや装飾品、高級車といったものを置い続けている人は際限無く
お金がなくなっていきます。

何故なら、あくまでモノを中心に考えており、基本的には他人との比較になってきます。

例えばあなたが30万円の腕時計をしていたとしましょう。

そこで友人Aが50万円の腕時計を自慢してきました。

見栄っ張りなあなたはどう思うでしょうか?

恐らく、その友人を羨ましく思い、より高額な腕時計を買って対抗しようと考えるはずです。

そのモノが何にせよ、多くの見栄を貼る人はこの比較のスパイラルに陥り、
際限なくお金を使ってしまします。

基本的にモノの値段は上を見るとキリが無く、新しいモノを買っても、また他人との
比較を行い、永遠に抜け出せなくなります。

見栄を貼る人は自分に自信が無い

ブランド物の服を身にまとったりする人の特徴として、自分に自信が無いことが挙げられます。

服にしろ車にしろ家にしろ、他人からの優越感に浸りたいが為に、身にまとったり、
所有していますが、その他人が見ているのはあなたではなく、そのモノ自体です。

結局あなたはその物陰に隠れているだけに過ぎず、裏を返せば自分に自信が無いから
モノを身にまとった自分を他人に見てもらおうとしています。

もし他人に本当の自分自身を見てもらいたいと考えるのであれば、見栄の感情は
一度手放すべきです。

本当のお金持ちは見栄を貼らない

意外な話ですが、本当のお金持ちは見栄を貼りません。

立場上、高級なスーツや装飾品を身にまとったりしている人はいますが、基本的には
質素で倹約家な方が多いです。

あのウォーレン・バフェットは何十年も前に購入した3万5千ドル程の家に住み続けていますし、
食事もハンバーガーやコーラを好んでいると言われています。

また、Facebookのザッカーバーグの服装はTシャツにジーンズといったスタイルで
基本的に毎日同じと言われています。

こうしてみると常人の何千倍もの資産があるにも関わらず、高級品を追い求めていない
ということが分かりますね。

本当のお金持ちは見栄といった他人との比較に興味はなく、自分に自信を持っています。

なので投資であったり、自分にとっての最適にお金を使い、常に比較を自分自身
に置いています。

まとめ

如何でしょうか。

見栄を貼る人は常に他人の目を気にし、他人と比較し続けるために、お金を使い続け
一生お金が貯まることはないです。

もしあなたが少しでもお金を貯めたいと考えているなら、自分の行動を見直し、
見栄を貼っていないか、このお金の使い方は本当に自分の為なのかという事を考えてみましょう。

見栄を貼っていることに気づき、他人との比較から開放されれば、
お金の使い方も大きく変わり、自分に自身を持てるようになります。

そうすれば今まで見栄を張っていた分のお金が貯まるどころか、更にお金を稼げるように
なっていくでしょう。

お金
スポンサーリンク
iwanをフォローする
ミニログ

コメント