賃貸vs持ち家についての個人的結論

お金

皆さんこんにちは。
早速ですが、あたなたは賃貸で住居をお持ちですか?
それとも家を購入して持ち家で住居をお持ちですか?

どちらにも一長一短がありますが、私の個人的結論としては
圧倒的に賃貸を推奨します。
では、それぞれのメリット・デメリットとその理由から
何故そう考えたのか見ていきましょう。

持ち家について

基本的に持ち家は一人暮らしので方では無く、結婚して家庭をお持ちになられる方が
購入される場合が殆どだと思います。
特に日本では昔から「結婚して持ち家を持てば一人前だ!」みたいな謎の
マイホーム信仰がありますからね。

 

メリット

・持ち家が資産となる
・住宅ローン返済後は賃貸の様に毎月の家賃を払わなくて良い
・家族と安心して暮らせる拠点となる。

家を購入すれば資産となるのは間違いないですし、ローン完済後は賃貸の様に毎月の家賃を払う必要が無くなります。ローンの完済さえできれば、老後の精神的にも金銭的にも
大きなメリットとなります。

また、結婚して家庭を持つということは子供を産んで育てることにもなるので、そういったことを想定すると安心して子育てが出来る環境が必要となります。

デメリット

・一度購入してしまうと引っ越しが困難
・災害による資産破壊のリスク
・購入時にまとまった資産や信用が必要

家を購入してしまうと当然そこに住み続けることになるので、転勤などで引っ越しが必要となった場合、単身赴任や家を売る必要が出てきます。これは大きなデメリットです。

また、日本は地震等の自然災害が多く、仮に地震で家が破壊されてしまった場合、住む場所を失ってしまいます。これが賃貸であれば引っ越し等で対処は可能となります。

現代は派遣やフリーランス等の非正規雇用の方が昔に比べ非常に多く、まとまった資産や信用が無く、そもそも借りられないと言う点もデメリットです。

賃貸について

持ち家信仰があるとはいえ、私のような一人暮らしで家庭を持っていない方の
大多数は賃貸で住んでいるかと思います。
また、結婚されていても家を買わずに賃貸で住み続けている方も結構いる印象です。

メリット

・環境変化に応じて引っ越しが容易
・住宅ローンによる破綻のリスクがない
・固定資産税や修繕費等の支払いが無い

賃貸だと近隣住民とのトラブルであったり、災害等でそもそも住めなくなった場合でも容易に
引っ越しが可能でとても身軽です。

また住宅ローンの場合、収入減等によってローンを払えくなり破綻する可能性がありますが、賃貸だとより家賃の安い物件に引っ越す等で対処は可能です。

賃貸だと共益費は発生するものの、持ち家のように固定資産税や修繕費等、大きな支出が無いのもメリットと言えるでしょう。

デメリット

・住んでいる限りは一生家賃を払い続けないといけない
・借り物のため、リフォーム等が自由に出来ない
・防音性の低い物件が多い

賃貸である以上、借りているので毎月家賃が発生してしまいます。老後のことを考えると
払い続けるというのは確かに精神的にも金銭的にも大きな負担となります。

当然ながら借り物のため、壁に穴を開けたり、リフォームによってカスタマイズ出来ないので
色々と自分の好きなようにカスタマイズしたい人にとってはデメリットとなります。

また、賃貸の特性上、木造の物件が多く集合住宅のため、隣人との騒音トラブル等が発生する可能性も大いに考えられます。

 

まとめ

皆さん如何でしょう?
上記で私が考えるそれぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。

私個人の結論ですが、まず持ち家は資産にならないと考えています。
何故かと言うと、高度経済成長期の時のように土地の価格が上がり続け資産としての
機能を果たしていれば問題ないですが、現代の様に人口減少によって土地の価格が下がり続けているのであれば、もはや意味は成さないと考えます。

また、一般的に家を購入する場合は大体4000万円程のローンを35年で組みますが、
35年間の支払いを担保に最終的に家を手に入れたとしても、その家自体の価値は半分以下に
なっているでしょう。
であれば、賃貸に住み、家を購入した場合に掛かるお金を投資に回した方が、
将来の資産という意味ではよほど価値があります。

あくまで個人的意見なので、家庭の有無や資産に対する価値観は人それぞれです。
ですがこの記事を読んで今一度、家を本当に購入していいのか考えて頂けると幸いです。

コメント