あなたの時間を奪うものの正体

ミニマリスト

皆さんこんにちは。

普段の生活の中で時間を無駄に過ごしているなと感じることは無いですか?

私は今までたくさん感じてきましたし、もしその無駄な時間を自分の時間として使えれば、
休息をとったり、読書をしたり出来るのになと感じました。

そこで今回はあなたの時間を奪うものの正体について考えたいと思います。

実はあなたが気づかないだけで、無意識で行っている行動や普段の生活の中で時間を奪っているものがあるのです。

もし正体がわかれば対策を立て、時間を取り戻すことも可能となります。

普段の生活に潜む時間泥棒

掃除や洗濯等の家事

普段生活する中で、掃除や洗濯等の家事は必須の作業だと思いますが、実はこれらに多くの時間を奪われています。

特に一人暮らしの場合だと、誰の為でもなく、完全に自分の為にする作業になるので、この時間を減らすことによって自分の時間を確保することに繋がります。

余程、掃除や洗濯等の家事が好きではない限り、この時間は何も生み出さない無償の労働みたいなものなので、極力無くす必要があります。

例えば、掃除や洗濯であれば、ロボット掃除機やドラム式乾燥機で自動化をしたり、食事であれば食器等の後片付けを食器洗い乾燥機で自動化出来ます。

出来れば、手の混んだ料理が食べたいときは外食し、家では食事をするときは極力洗い物がでない、簡単な料理にするといいでしょう。

私の場合だとサバ缶やバナナ、ゆで卵等、食べ終わっても洗い物がなく、容器や皮をそのまま捨てるだけで良い食材が多いです。

カップ麺等のインスタント食品もいいですが、栄養面の考えるとNGです。

テレビを見る

あたなの家にはテレビが有り、毎日見ていますか?

もしそうであれば、直ちに手放すことをオススメします。

私もかつてはテレビを持っていましたが、時間を奪われていることに気づいてから完全に手放しました。

基本的にテレビはつけていればその時間に放送されている番組を見ることになるので、チャンネルは選べるとしても完全受動の情報になります。
テレビ番組は30分~2時間構成が多く、もしあなたが毎日決まった番組を見る習慣があればそれだけで確実に時間が奪われてしまいます。

また、テレビは完全受動の情報であるが故に、仮にメディアによって情報フィルタがあったとしても、正しいと思いこんでしまうのが恐ろしい部分でもあります。

情報を得るとい部分にフォーカスを当てればテレビではなく、インターネット上で十分なので、正しく活用し、自分に必要な情報を選択していきましょう。

情報を得るだけであれば、テレビよりもスピードが早く、自分で選び取ることが出来るので、メディアによる情報フィルタもある程度は排除することが可能です。

あなたの時間を奪う殺人者

まず概念的な話からですが、私達人間は時間の中を生きており、寿命というタイムリミットが尽きればそこで人生が終ってしまします。

確かに多くの人は自分の時間を切り売りしてお金を得ていますが、その時間=命であれば、
よく言われるタイムイズマネーではなく、タイムイズライフだと私は考えます。

そう考えるとあなたの時間を平気で奪う人は悪く言えば殺人者と言えるでしょう。

待ち合わせに平気で遅れてくる人

あなたの周りにはよく待ち合わせをしても時間を守らず、遅れて来る人はいませんか?

そういう人達の多くは他人の時間を奪っている殺人者だという意識は無いはずです。

もちろん何でも全て時間通りが正しいというわけでは無いでが、この場合時間を守れない人の意識に問題があると考えます。

例えば、東京駅に14時に待ち合わせをしていたとしましょう。

遅れてくる人の行動の特徴は、14時に待ち合わせであれば、5分前の13時55分到着の電車に乗ろうと考えてやって来ます。 電車の遅延や予想外の事を想定しない行動ですね。
そして遅れた際の言い訳は、電車が遅延していたとか、急に体調が悪くなって出発が遅れたと言います。

自分主体で考えており、他人を待たせて時間を奪っている意識がなく、当然、この様な行動を日頃から取っていると信頼も失ってしまします

もし他人の時間を奪っている意識があれば、その様の行動は取らず、確実に14時に東京駅にたどり着ける事を前提に行動しているはずです。

因みに私の場合、行動の意識を時間通りに目的地に着くように家を出たり、電車に乗ることに置かず、確実にその時間に目的地にたどり着くようにするため、30分前には近くのカフェや本屋にいるようにしています。

時間にシビア過ぎるように感じるかも知れませんが、他人の時間を奪っていると考えれば、むしろこのくらいした方がいいでしょう。一度失った信頼は取り戻せないですから。

愚痴や文句を永遠と語る人

これもあなたの周りにいるかも知れませんが、合う度にひたすら仕事の愚痴や文句を言っている人はいませんか?

その人にとってはストレス発散と感じているかも知れませんが、聞かされている方はたまったものではありません。

時間を奪われるのはもちろんの事、基本的に愚痴や文句というのはマイナスのワードが多いので、意識しなくても、自分にも相手にもマイナスのイメージを押し付けてしまうことになります。

なので、私は基本的には愚痴を言わないようにしています。相手の時間を奪ってまで、
お互いにマイナスの感情になるなんて良い事が一つもないですからね。

まとめ

如何でしょうか。

私が考えている普段の生活で時間を奪っているものの正体について簡単にまとめてみました。

あくまで私が考える時間を奪っている正体の例なので、ここであなたが気づいたものや、私自身が気づかずに、あなたが理解してる事があるかも知れません。

ですが基本的には、時間を奪っている正体は自分自身の行動か他人の行動であると考えます。

自分自身の行動であれば、行動を見直し、効率化や自動化を考えて実際に実行をします。
周りの人が時間を奪っているなら、その内容を理解した上で、付き合う人を変えたり、相手に
時間を奪っている意識を持ってもらい、相手の意識と行動を変えてもらいます。

どちらにせよあなたの時間が奪われているという事実は変わらないので、
今回の記事の内容を意識して実践し、あなたの命でもある時間を確保して、自分の為に使える時間を増やし、より有意義な人生を過ごしましょう。

コメント