ティファニーの銀製ボールペンを復活させてみた

ミニマリスト
dav

皆さんこんにちは。

今回はいつもと少し違うお話です。

Tiffany(ティファニー)というブランドの、古い銀製ボールペンを手に入れたので、それを復活させてみました。

何故、復活と言っているかというと、表面が黒ずんでいるため、それを取り除く作業をします。

どうやら銀製品の特性上、空気中の硫黄成分や汗等の水分と反応して、表面が黒ずんでいくらしいです。(酸化では無い)

銀製ボールペンの黒ずみ除去作業

現在の状態

写真の通り、全体的に少し黒ずんでおり、真ん中の部分が特に目立ちますね。

因みにティファニーの銀製品自体、全て925スターリングシルバーです。

つまりは純度が92.5%と、非常に高い順度のシルバーを使用しているそうです。

復活の方法

ちょっぴり科学の話に入りますが、黒ずんでいる状態というのは、Ag(銀)に硫黄(S)が結びついて、Ag2S(硫化銀)の状態によって発生しているんですね。

なので、このAg2S(硫化銀)をAg(銀)に戻してあげる作業をします。

具体的な手順は後述しますが、電解法という化学反応を利用して、黒ずみを取り除いていきます。

用意するもの

以下のものを準備します。

  • アルミホイル
  • 塩(塩化ナトリウム)
  • お湯
  • 耐熱性の容器(写真には写ってないです)
  • 銀製ボールペン

作業手順

1.耐熱性の容器にアルミホイルを丸めて敷き詰めます。


2.アルミホイルの上に塩をふりかけます。

3.ボールペンが浸かるくらいの熱湯を注ぎます。

4.ボールペンを投入します。

5.時折かきませぜながら、2~3分程待ちます。

(下記は1分経過した時点のもの。少し黒ずみが取れてきている。)


6.2~3分経過したらボールペンを取り出し、布等で水分を拭き取ります。

7.完成です

作業前との比較

作業前                  作業後

如何でしょうか。

光の加減もあるかも知れませんが、作業前と比べてかなりキレイになりましたね。

特に真ん中部分から下にかけては、かなり黒ずみが除去されました。

作業時間としては約5分程ですがかなりの効果が得られましたね。

まとめ

今回はいつもと違う趣旨で記事を書いてみました。

というのも理由があって、確かにミニマリストとして、モノを減らすのは大事ですが、それ以上に今あるモノを大切に使うことの方が大事です。

もう使えないようなモノであれば、捨てたりして手放すしか無いですが、今回の様に、キレイにしてまだまだ使えるモノは、使える状態に戻してみたりするのも良いでしょう。

そうすれば、そのまま自分で使うことが出来ますし、新しいモノを買う必要が無いです。

どうしても不要であれば、他人に譲ることだって出来ます。

今回の様に実験的な感じで商品をキレイにしたり、修理したりするのは中々楽しいですよ!

コメント