お金と時間の関係性について考える

お金

皆さんこんにちは。
今回は時間とお金の関係性について考えたいと思います。

普段生活している中で何気なく消費している時間とお金ですが、
この2つは大きく関係していると私は考えています。

その理由この記事で簡単にまとめさせて頂きます。

お金で時間は買えるのか

私達人間はそれぞれ寿命があって、それが尽きれば人生が終わるわけですが、
その中でお金を稼ぐことによって生きています。

寿命はいつ尽きるかはわからないですが、どちらも有限であることは事実です。

時間は皆平等とは言いますが、もしお金で時間を買えるということを前提で考えると
平等では無くなっていまうと私は考えています。

普段の生活をベースで考える

前述ではかなり抽象的な部分に焦点を当てて考えましたが、もっとより身近な普段の生活に
焦点を当てて考えてみましょう。

例えば以下のような生活スタイルで日々を送っていたとします。

起床→歯磨き→着替え→電車通勤→仕事→帰宅→食事準備→食事
→後片付け→洗濯→掃除→入浴→就寝

上記は一例ですが、仮に毎日この様な行動をとっているとしたら、
どこに時間を掛けていて、お金を使う代わりに時間を効率化できないか考えてみましょう。

まず、起床後の歯磨きですが、仮にあなたが通常の歯ブラシを使っていて10分掛かっていたとしましょう。それを電動歯ブラシに替えることによって5分に短縮できたとします。

毎日歯磨きはしますので、単純計算で5分×365日=1825分/60=30.416..
と年間30時間の節約になります。

1万円くらいの歯ブラシを買ったとしても、年間1万円の投資で30時間を買えると
考えるとどうでしょうか。かなり効果が高いと感じませんか?

 

例1:通勤の無駄を考える

通勤時間を例で考えてみると、仮に職場まで毎日電車で1時間掛かっていたとします。

それを家賃が2万円高くなる代わりに会社まで徒歩10分のところに引っ越しをしました。

すると1日あたり50分の節約になるので、月の出勤日数が平均20日と考ると年間240日。
50分×240日=12000分/60=200時間の節約になります。

代わりに支払った家賃は月額2万円増なので年間で24万円です。
1万円で約8.3時間を買える計算になります。

これだけでもかなり効果が高いですが、実際は電車通勤がなくなるので、満員電車での
ストレスが無くなることや、通勤交通費が節約できることを考えるとかなり効果は高いです。

 

例2:掃除や食器洗いの無駄を考える

私自身が一人暮らしをし始めて思ったことですが、部屋の掃除であったり、
自炊をしている場合、食器の後片付けが非常に面倒くさいです。

そこで効率化を考えたとき、まず文明の利器に頼ることを考えました。

例えば掃除であればロボット掃除機を使い、食器の後片付けであれば
食器洗い乾燥機を使うことを考えたわけです。

掃除であれば週3回、毎日15分掛かっていたものをロボット掃除機に任せることによって、
ゼロにする事が可能です。ロボット掃除機は安いもので大体3万円くらいです。

月12回×12ヶ月×15分=2160分/60=36時間の節約になります。
1万円で約12時間の時間が買える計算になります。

食器洗いの場合、自炊していると毎日実施するので、約10分掛かるとしましょう。
食器洗い乾燥機は一人用の4万円くらいのものです。

10分×365日=3650分/60=約60時間の節約なります。
1万円で約15時間の時間が買える計算になります。

 

例3:洗濯時間の無駄を考える

個人的にこれが一番効果が大きいと感じた内容です。

洗濯は1人なので3日に1回位の頻度ですが、通常の洗濯機の場合、
洗って更にそれを干して、取り込むという作業が非常に苦痛でした。
特に冬場なんかは乾かないし寒いしで最悪でしたね。

そこで登場したのが、「ドラム式洗濯機」です。

正直使い始めた頃は感動しました。ボタン一つで洗濯から乾燥まで全てやってくれます。
また雨などの天候に左右されることもなく実施できるのも大きなメリットです。

私が購入したのは約10万円ほどのドラム式洗濯機です。
3日に1回ですが、大体干して取り込むことを考えると25分位かかります。
年間約120回×25分=3000分/60=50時間の節約になります。

1万円で約5時間の時間が買える計算になりますね。

これだけ見ると他に比べて費用対効果が低く感じられるかもしれませんが、
実際使ってみると、今までの洗濯のストレスから開放される効果がどれだけ
大きいか身を持って感じることが出来ると私は確信しています。

まとめ

如何でしょうか。

他にもいくつかの例は挙げれますが、こうして普段の生活レベルまで落とし込んで
考えてみるとお金と時間の関係性について見えてくると思います。

効率化によって間接的にお金で時間を買うことが可能となるわけです。

因みに現代の3種の神器は「ロボット掃除機」「食器洗い乾燥機」「ドラム式洗濯乾燥機」
と言われています。

どれも私が例で上げた時間の効率化を図る家電ばかりです。

特に現代においてはテクノロジーの発達によって人間の仕事の効率化や、
機械そのものが人間の仕事を取って代わるということが進んでいます。

こういった中で取り残されて無駄な時間を消費していくのか、
それを利用して自分の時間を確保し、読書や勉強等の自己投資に時間に当てたり、
ブログ等で何か価値を生み出すことによって寿命という有限な時間を
有意義に使うかによって大きく人生が変わってくるでしょう。

コメント