ミニマリストが光触媒の人工観葉植物を購入

ミニマリスト
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

最近、自宅で作業することが多く、何か心を落ち着かせてくれるようなインテリアが欲しくなったので、光触媒の人工観葉植物を購入しました。

購入した商品とオススメポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

購入した人工観葉植物

購入したのはfleurmelody (フルールメロディ)の光触媒の人工観葉植物です。

Amazonで購入したました。

3個セットでお値段は2699円です。

私が購入したのは「(白(多肉/ユーカリA/B))」というタイプになります。

上記のように箱に入れられた状態で非常に丁寧に梱包されていました。

外観

実際の商品はこんな感じです。

植物の詳しい名称は分かりませんが、どれも縦長のタイプになります。

花器は白の陶器素材で出来ており、葉の質感が想像以上に高かったです。

こちらは広がった葉と間から黄色っぽい花が生えているタイプ。

こちらは緑の色が強く、ボリュームの有るタイプ。

こちらはサンスベリアっぽい肉感のあるタイプ。

個人的には緑の感じを含めてこれが一番本物っぽく感じました。

購入したポイント

今回私が光触媒の人工観葉植物を購入したポイントは以下の3つです。

・精神的にリラックス出来る

・光触媒で空気清浄機代わりに

・手入れが不要

順番に解説していきます。

精神的にリラックス出来る

私は普段パソコンで長時間作業することが多いのでどうしても目が疲れてしまいます。

植物のような緑には見るだけで目の疲れを癒やしてくれ、眼精疲労を軽減させる効果が有るようです。

なので私はデスク横の窓際に置いて、疲れたら見るようにしています。

窓際に置いているだけでインテイリアになりますし、見るだけで何かリラックスした気分にもなります。

光触媒で空気清浄機代わりに

こちらの人工観葉植物には光触媒加工というものがされています。

簡単に説明すると太陽光や電球の光と化学反応を起こしてホルムアルデヒドなどの有害物質を分解したり、アンモニア臭を分解したりできるそうです。

効果が半永久的に続くので、簡易空気清浄的な役割が果たせればと思っています。

因みに光触媒は抗菌スプレーとしても普通に売られているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

手入れが不要

人工観葉植物なので手入れが不要です。

通常の観葉植物であれば水やりをしたり、虫の対策をしないといけないですね。

人工観葉植物だとそういった手間は不要で、たまに上に溜まったホコリを払うくらいの手入れで非常に楽です。

また、枯れることも無いので、半永久的に楽しむことが出来ます。

私のようにズボラだけど、緑を楽しみたい方にはぴったりだと思います。

反対に、緑の成長を感じたり、手入れを楽したい方には本物の観葉植物をオススメします。

最近は土を使わない観葉植物も有るようなので、そういったものも中々良さそうだなと思っています。

まとめ

今回はミニマリストが購入した光触媒の人工観葉植物を紹介しました。

3つで2699円と安いながら、緑のインテリアになり、リラックス効果や光触媒による空気清浄効果もある一石三鳥な商品だと思いました。

最近は緑をインテリアとして取り入れる人も増えているので、土を使わない商品だったり、壁掛けだったり色々なタイプの観葉植物が売られています。

インテリアとして緑を取り入れたい方の入門に人工観葉植物は非常にオススメできますので、是非自分にあった観葉植物を探してみて下さい。

ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iwanをフォローする
スポンサーリンク
ミニログ

コメント