ミニマリストのキッチ周りの家電を全て紹介します

ミニマリスト
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

今回は私が所持しているキッチン周りの家電を全て紹介したいと思います。

基本的に家電類は一箇所に集約しているので、ドラム式洗濯乾燥機やパソコンを除くとこれから紹介するものが全てになります。

スポンサーリンク

ミニマリストのキッチン周り家電

紹介する前に私の家電選びのポイントを紹介しておきます。

ポイントは以下の3点です。

・コンパクトであること

・値段が安価であること

・黒系の色で統一されていること

引っ越しの時や模様替えの時に楽なように、基本的に家電は全てコンパクトで一人でも移動が出来るくらいのサイズにしています。

また、機能さえ果たせば良い家電に関しては、基本的に安価なもの選んでいます。

色は汚れが目立たいので黒色ベースのものを選んでいます。

黒だと圧迫感が有ると言われますが、コンパクトな家電を選ぶことによってカバーしています。

冷蔵庫

冷蔵庫はS-cubism(エスキュービズム)の1ドア冷蔵庫を使用しています。

黒のシンプルなデザインで、コンパクトで値段も安いのでオススメです。

購入当時は12800円程でした。

チョコレートや豆乳、納豆などを冷蔵保存するのに使用しています。

1ドア冷蔵庫だと電気代も安いのがメリットです。

2年ほど使用していますが、音も静かで壊れること無く使用できています。

最近は木目調やガラス等、オシャレな1ドア冷蔵庫も増えてきています。

電子レンジ

電子レンジはシャープのオーブンレンジ(RE-S5A)を使用しています。

こちらも黒でシンプルなデザインです。

ミニマリストになる5年ほど前に購入しましたが、問題なく動いてくれています。

値段は当時で14000円位でした。

サイズもオーブンレンジにしてはコンパクトで、出力も500Wなので電気代も安いです。

ミニマリストの方は電子レンジを持っていないイメージが多いいですが、私は豆乳を温めたり、卵系の料理を作るのに必要なので、所持しています。

壊れて買い換える際はフラットなのシンプルなモデルにしようと思います。

炊飯器

炊飯器はミニマリスト御用達のコイズミのライスクッカーを使用しています。

別メーカーでブラックカラーが有ったようですが、売り切れていたのでコイズミのブラウンカラーを選びました。

皆さん紹介されている通り、サイズが非常にコンパクトで、消費電力も210Wと通常の炊飯器と比べて半分以下の消費電力で非常に経済的です。

また、値段も4000円と非常に安いです。

炊飯量は0.5~1.5合と完全に一人用ですが、コンパクトであるため、洗い物も非常に楽です。

1合であれば20分くらいで炊けます。

食べたい時に直ぐに炊けるので、非常に時短にもなります。

私はあきたこまち玄米の無洗米をこれで炊いていますが、問題なく炊けています。

電気ケトル

電気トルはドリテックの電気ケトルを使用しています。

こちらもミニマリストになる4年ほど前に購入しました。

当時ドン・キホーテの在庫処分で999円という破格で売られていたので購入しました。

年数が経っているので、見た目が少し劣化していますが、お湯を沸かすという機能だけで見れば問題なく、洗えば清潔に使えます。

ドリップコーヒーを淹れるのをメインで使用しています。

電気ケトルはお湯がすぐに沸きますし、(本来の用途では無いですが)ゆで卵を作れたりもします。

消費電力は少し大きいですが、欲しい時に欲しい量だけお湯を手にすることが出来るので、頻繁にお湯を使う方は電気ケトルがオススメです。

電動歯ブラシ

キッチン家電では無いですがパナソニックの電動歯ブラシドルツです。

電源周りは同じ場所に集約しているので、コンセントを繋いで充電しています。

こちらもブラックカラーを選んでいます。

値段は少し高いですが、歯は健康に関わるので投資と考えて比較的良い電動歯ブラシを使用しています。

電動歯ブラシに関しては別の記事でも紹介していますのでそちらもチェックしてみて下さい。

ドライヤー

最後はドライヤーです。

パナソニックのイオニティというモデルです。

お値段は当時の価格で2500円くらいで非常に安価でした。

デザインがブラック&グリーンでシックな感じで非常に気に入っています。

こちらも電動歯ブラシと同じ理由と、写真正面の丁度反対側がお風呂場なので、お風呂から上がった時にすぐに使用できるようにしています。

設置は邪魔にならないように電子レンジの横にマグネットフックを付けて吊るしています。

ドライヤーなので消費電力1200Wと大きいですが、非常に大風量で髪を乾かす際の時短に非常に役立ってくれています。

パナソニックのイオニティシリーズは安価で大風量なので非常にオススメできます。

まとめ

今回は私のキッチン周りの家電を紹介させて頂きました。

コンパクトでシンプルなデザイン、コスト重視等、それなりにこだわりを持って選んでいるので、是非参考にしてみて下さい。

また、家電をアップデートしたり別のものに代用して手放したりすることも有るので、その際は記事にして紹介したいと思います。

ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iwanをフォローする
スポンサーリンク
ミニログ

コメント