ミニマリストの食品ストック棚を紹介します

ミニマリスト
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

今まであまり食品のストックは持っていなかったのですが、家に居ることが多くなり、災害対策等も考えて、食品ストックを見直しました。

そこで、今回は私の食品ストック棚を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストの食品ストック棚

中身はこんな感じです。

左半分がラップやゴミ袋代わりのスーパーの袋類で、右側が食品になります。

ストックしている食品のポイントは以下になります。

・常温保存可能なこと

・長期保存可能なこと

・調理が楽なこと

では中身を実際に紹介していきます。

プロテイン類

まずはプロテイン類です。

常温保存可能なプロテインとクレアチンを保存しています。

いつも朝食時に飲んでいます。

水さえあればいつでも飲めるので、災害時も最悪プロテインを飲んでしのごうかと考えています。

残り1週間分を切ったら、次の注文を入れるようにしています。

上記記事で紹介しているココアパウダーは冷蔵庫で保存しています。

あきたこまち玄米

あきたこまち玄米(無洗米)です。

開封しても3ヶ月位は美味しく食べることが出来る常用食かつ保存食です。

2kgあるので普通に食べても1ヶ月ほどはもちます。

健康面や栄養価から基本的には玄米を食べるようにしています。

無洗米なので炊く時も非常に楽です。

あきたこまち 玄米鉄分 2kg
大潟村あきたこまち生産者協会
¥1,480 (¥740 / kg)(2020/09/13 03:17時点)

インスタントコーヒー

玄米の後ろのストックはこんな感じです。

ドリップ式のインスタントコーヒーです。

仕事の日以外は毎日飲んでいます。

比較的長期間保存ができる常用可能な嗜好品です。

レトルト食品

コーヒーの下にはレトルト食品が積み上げられています。

たまに食べたくなるので、非常食も兼ねてストックしているインスタントカレーとハヤシライスです。

カリー屋シリーズは値段も安く美味しいので、3食分ストックしています。

最悪温めなくても食べれるので、万が一の非常食としても活躍します。

麻婆豆腐のレトルト食品です。

豆腐が好きなので週に1度は必ず食べています。

麻婆豆腐のもとは色々と売られていますが、個人的にリケンのマボちゃんが一番美味しいです。

そのまま調理してもいいですし、玄米ご飯に乗っけて麻婆丼としてもオススメです。

サバ缶

一番奥にはサバ缶を積み上げています。

サバ缶は栄養価も高く、常温・長期保存が出来る最強の非常食だと思います。

賞味期限は数年は大丈夫ですし、積み上げれるので収納も楽です。

私はローリングストック法で、手間の古いものから食べていき、縦の1列がなくなった奥から順番に手前に引き出してきます。

常用食として週に2、3個は食べています。

残り6缶を切ったら一箱(24個入り)を購入するようにしています。
(写真は丁度購入した切り替わりのタイミングです)

因みにオススメはこの伊藤食品の水煮のサバ缶です。

色々食べ比べましたが250円以下だとこれが一番美味しいと感じました。

量も多く、食べごたえが有るので是非試してみて下さい。

最後にストック棚の中身では無いですが、棚の横に水も常温保存しています。

こちらもローリングストック法で、右から順番に飲んでいき、残りが4つ程になったら次のを注文しています。

基本的に水は常温でしか飲まないので、床に置いて保存しています。

最近はダンボール梱包が無くなったので、収納もスッキリしています。

まとめ

今回はミニマリストの食品ストック棚を紹介させていだきました。

常用食が保存食を兼ねているのが、個人的は良いストックだと思っています。

皆さん普段から食べるものによって食品ストックは変わってくるともいますが、少しでも参考にして頂ければと思います。

ミニマリスト 食事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iwanをフォローする
スポンサーリンク
ミニログ

コメント