ミニマリストになるのは簡単である

ミニマリスト

皆さんこんにちは。

この記事を読まれている方の中にもミニマリストの人は多くいると思いますが
私は現代においてミニマリストになるのは簡単だと断言します。

なぜなら私自身も数年前からミニマリスト思考を身に着け、実際に行動に移していった訳ですが、現代においては比較的簡単にミニマリストになれると感じました。

なので今回は、現代において簡単にミニマリストになれる理由について解説していきます。

ミニマリスト社会への移行

モノから情報への移り変わり

時代の流れを見てわかる通り、インターネットの普及移行は、価値がモノから情報へと移り変わる情報化社会となりました。

そうすると何が起こるのかというと、今までモノでなければ出来なかったことが、情報、つまりはデータで実現可能となります。

分かりやすい例を挙げると電子書籍なんかがそうですね。

後は、買い物はAmazon等のネット通販サイトの出現により、実際にお店に行く必要が無くなったため、移動の為の自転車や車も不要になりました。

コミュニケーションに関しても、昔であればゲームをするのにも友人の家まで行って遊んでいましたよね。

今はオンラインゲームが普及し、家にいながらチャットや通話で楽しむ事が出来ますし、ツイッターやフェイスブック等のSNSも普及したので、モノではなく、情報で人間が繋がるようになりました。

モノの処分が容易になった

昔であればモノを処分する為には、捨てるか、知り合いに譲るか、リサイクルショップに持っていくか、といった選択肢が多かったでしょう。

手放すのも結構な労力が掛かるため、捨てずに持ち続けるという、選択をする人も多かったと思います。

ですが、現代ではインターネットの普及により、宅配買取等の買い取りサービスが普及し、家にいながら不用品を処分できるようになりました。

更に大きな変化としては、ヤフオクやメルカリ等の個人間取引サービスが出てきたことでしょう。

今までは顔見知りの人に譲るか、法人サービスを利用して売却するしか無かったのが、こういった新たなサービスの誕生により、個人間で取引が可能となりました。

個人間のマーケット市場は非常に大きいですし、自分が不要と感じているモノでも、他人にとっては必要なモノだったりします。

モノの流動性がより高まり、手放しやすくなったのは非常に大きな変化です。

電子機器の発達

インターネットの普及と共に出現したのが、PCやスマートフォン等の電子機器です。

これらは、一つのデバイスで複数の機能を持っており、持ち物を減らしてくれます。

例えば、PCやであれば、電卓やメモ帳が不要なのはもちろん、YoutubeやNetflix等のストリーミングサービスの普及により、テレビやレコーダーといったモノも不要となりました。

また、スマートフォンは、カメラやマップ、最近ではQR決済や電子ロックというものも出てきており、財布や家の鍵なんかもいらなくなってきています。

これらは日々の生活を便利かつ効率的にしてくれるだけでなく、持ち物も少なくしてくれるという恩恵があります。

やはり、インターネットの普及とそれに伴う、製品、サービスが出現したからこそです。

まとめ

如何でしょうか。

私はミニマリストになる過程で、色々なモノを手放してきましたが、その中で一つ気づいた事があります。

それは、洗濯機等の最低限の生活家電と、衣類、布団、デスク、イス、PCやスマートフォンがあれば何ら不自由なく、快適に日常生活を送れるということです。

考えてみると1日の中で使うモノの数なんてたかが知れていますし、無くてどうしても必要であれば、その時に買えばいいです。

そうすると必然的に自分が持つべき、最低限のモノの数が見えてきます。

多くの人は足し算的な考えてモノを購入し、増やしていきますが、ミニマリスト思考を持てば、
まずは引き算で考えてモノの数を減らし、そこから足し算で自分にとって必要なモノを増やしていくようになります。

これ程までに、時代が変化してモノを減らし、快適な暮らしを実践するのが容易となったのに、
思考が昔のままでは勿体無いですし、お金も時間も損してしまいます。

これからは更に情報化が進み、一つのモノに多くの機能を搭載した製品や、そもそも
自分がモノを持つ必要がないサービスが登場するでしょう。

その時にモノを持ちすぎている状態だと、時代の流れについて行けず、取り残されてしまう
オジサン的思考になってしまいます。

そうならない為にも今のうちにモノを減らし、ミニマリスト思考を身に付けて、時代から
取り残されてしまわないように行動しましょう。

コメント