若者が車を持たない理由について

ライフスタイル

皆さんこんにちは。

いきなりですが車はお持ちですが?

私も20代なので若者に分類されますが、運転免許は持っていますが、車は持っていません。

若者を代表して私なりの結論を出すと車は圧倒的に不要だと考えます。

では、なぜそう考えているのかを若者が車を持たない理由と一緒にまとめました。

所有することによるリスク

車を既に持っている方はあまり意識しないかもしれませんが
車を所有することは常に一定のリスクもついて回ることになります。

当然、所持することによって幾つかの恩恵もありますが、
今回は所持しない側の立場に立って考えてみましょう。

金銭的リスク

まず金銭的リスクですが、当然ですが車は所持しているだけで
税金や毎月の駐車場台など大きなお金が掛かってしまします。

仮に普通自動車を例に考えてみると年間で以下の費用が掛かります。

自動車税:34,500円
自動車重量税:15,000円(2年で約30,000円)
ガソリン代:28,000円(年間5,000km、ガソリン代140円/l、燃費25km/lで計算)
自動車任意保険:約150,000円(20代前半6等級の平均)
車検費用:約25,000円(2年に1回で約50,000円)
駐車場代:120,000(月10,000で想定)
合計:372,500円
如何でしょうか。簡単に見積もっただけでこれだけの費用が掛かってしまいます。
月で換算しても毎月30,000円も支出が増えることになります。

これだけの費用が掛かるのであれば、必要な時はタクシーを使ったり、

都会であれば電車を使用したほうが、安く付きますし、効率的ですね。

物質的リスク

次に物質的リスクですが、私の様なミニマリストや若者は無駄な物を所有することを好まない人が多いです。

車が趣味なら別ですが、価値観が多様化した今、車を持つことはステータスでも
何でも無いと考えますし、仮に所有していたとしても満足感は低いでしょう。

また、車というのは実在する物であるため、引っ越しの際に移動させる必要があったり、
仮に移動先でどこか徒歩で遠くに出かけたりしても、最終的には車を停めているところ
に戻らなければ行けないといった制約があります。

車によって行動が制限されるので、自由や身軽とは程遠い状態になります。

人為的リスク

最後に人為的リスクですが、これが一番意識すべき点だと私は考えています。

仮にあなたが車を運転していて、人を轢いてしまい怪我をさせてしまったり

最悪、命を奪うことになってしまえばどうでしょう。

犯罪者になってしまう可能性がありますし、仮に保険に入っていた場合でも、
損害賠償等で大きなお金を失う可能性もあります。

どんなに注意深い人間や運転が上手い人でも、何が起こるかわからないので

こういったリスクは常に付きまとうことを意識しないといけません。

私が車を手放して得られた恩恵

では、リスクによって若者が車を持たない理由について説明したところで

実際に過去に車を所有していた私が、車を手放したことによって得られた恩恵を

体験をまとめたいと思います。

所有ストレスからの解放

これはリスクで挙げた大部分が当てはまりますが、車を手放すことに
よって、所有してた際のストレスからかなり開放されます。

実際、車を手放したことによって自由に使えるお金がかなり増えるので
そのお金を他の趣味や余暇に使えますし、出かける際も、徒歩や電車での移動が
増えたので、駐車場を探したりする手間が無くなり、移動に制限も無くなったので
かなり自由に行動することが出来るようになりました。

また、運転中に神経を尖らすことや、渋滞に巻き込まれることもないので、
精神的なストレスから大幅に開放されました。

自由な時間が増えた

実際に運転しているとその時間はハンドルを握り運転に集中しないと
いけないので、せいぜい音楽やラジオを聞くことぐらいしか出来ません。

ですが、仮に徒歩や電車移動であれば、車を停めたりする必要が無いので、
徒歩の移動中であれば、すぐに店に立ち寄ったり出来ますし、電車での移動であれば
スマートフォンで映画を見たり、本を読んだりすることが出来ます。

運転では無く、自分のために使える時間が大幅に増えたのです。

運動量が増える

これはよく言われていることかもしれませんが、特に現代人は
運動量が少く、座っている時間が多いため、肥満等、様々な病気のリスクを抱えています。

車を手放すことによって、徒歩の時間が増え、運動量も増えたので、
実際に私は体重も減り、足の筋肉がつくようになってきました。

まとめ

如何でしょうか。

若者が車を持たない理由を所有することのリスクや実際に私が
感じたことを基にまとめてみました。

この様に考えてみると車を持つことが必須では無いと思いますし、
時代の流れとと共にカーシェアリングやUberといったものが誕生したのは必然だと考えられます。

当然、車が好きな人や、田舎に住んでいて車を持たないとまともに生活が出来ない
といった人は別ですが、あたなが都会の方に住んでいて、何気なしに車を所有しているのであれば、
今一度、本当に必要なのかを考え、見つめ直して見ることをオススメします。

コメント