痩せたいならまず飲み物を全て水に変えろ

食事

皆さんこんにちは。
突然ですが、普段どういった飲み物を飲んでいますか?
水ですか?お茶ですか?それともコーラですか?

私は常に水を買って飲んでいます。当然、そこには痩せて
健康な状態を保ち続けるだけの理由があるからです。

今回はタイトルにもあるように水とダイエットの話です。
何故飲み物を水に変えると痩せることが出来るのかを紹介していきます。

 

そもそも太っている人は水以外を飲んでいる

まず大前提として、太っている人は水以外のものをガブガブ飲んでいます。
例えばコーラや缶コーヒーなんかはいい例です。
一般的にこれらの飲み物は大量の砂糖が含まれ、それが太る原因に繋がっています。

詳細なメカニズムは別の機会で紹介しようと思いますが、簡単に説明すると、砂糖を大量に
摂取すると、体内で大量のブドウ糖が作られ、それを消費できずに脂肪として蓄積されます。
できれば砂糖が入っていないお茶やブラックコーヒーにするか、水に変えるのが望ましいです。水はカロリーも無いですからね。

水を飲むと代謝が上がる

まず人間の一日の消費エネルギーのうち60~70%は基礎代謝だと言われています。
つまり基礎代謝を上げることが痩せることに繋がるのです。

何故水を飲むと基礎代謝が上がるのかというと、人間の体は水分不足に陥ると
血液の流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなってしまします。そうすると
内臓器官の働きが悪くなり、基礎代謝の低下に繋がります。

さらに、血流が悪くなることによって、全身に体温が行き渡らず、体温が低く
なってしまうので、さらに基礎代謝の低下に繋がります。

水を飲むことによって得られる恩恵とは

では何故水を飲むことによって痩せることが出来るのかを紹介したところで
その他にどの様な恩恵があるのかを簡単に見ていきましょう。

肌が綺麗になる

これは痩せる事と合わせて女性にとっては朗報かもしれませんが、水を飲むことによって
肌を綺麗に保つことが出来ます。
水を飲むことによって全身に水分が行き渡るので、肌を保湿し乾燥から守ってくれます。
結果として肌を綺麗に保つことが出来るのです。

逆を言えば、いくら高額な化粧品で肌の表面をケアしたところで、体内の水分が足りて
いなければ、乾燥を引き起こし、綺麗な肌とは程遠い状態になってしまう訳ですね。

集中力の向上

人間の脳の80%は水でできており、僅かな水分不足でもホルモンバランスが崩れ、脳のパフォーマンスが落ちるとされています。
要は水分不足を検知した脳は、危険を察知してわざと機能を低下させるようなイメージです。

オフィス等では空調がきいていたり、眠気覚ましのためにコーヒーを飲みたくなりますが、
どちらも水分不足を招く原因となるので注意が必要です。

お金が貯まる

これは簡単な話ですが、コンビニやスーパーを見渡してみるとわかります。
お酒や清涼飲料水に比べ、水は圧倒的に安くないですか?
2Lのペットボトルで大体60~100円ほどで手に入ります。

また、お酒や清涼飲料水を飲んで健康を害する可能性があることを考えると、
水がいかにお得かがわかるでしょう。

まとめ

如何でしょうか。
この記事を読んでもまだ水以外を飲み続けようと思いますか?
当然、水以外は全てダメだという訳ではないですし、水も飲みすぎると水中毒を引き起こす
原因となります。

ですが、実際に私自身、徐々に飲み物を水に変えていくことによって、体のパフォーマンスが上がり、痩せて健康な体になっていきました。

また、お財布に優しいというのも多くの人にとって非常にメリットとなるので、あなたも少しづつでいいので、飲み物を水に変えていくことをおすすめします。

食事
スポンサーリンク
iwanをフォローする
ミニログ

コメント