1日3食は果たして必要なのか

食事

皆さんこんにちは。
早速ですが、普段の食事は3食とっていますか?

私は1日1食~2食がメインになります。食べる物もある程度決まっています。
では、そもそも人間は必ず3食とる必要があるかということと、
私が1日3食を食べていない理由とそのメリットについて解説していきます。

 

何故1日3食なのか

まず前提として、何故1日3食取る必要があるのかについて考えてみましょう。
みなさんは子供の頃から当たり前のように3食とるように言われて
育ってきたかと思いますが、その常識を作った要因は何なのでしょうか。

もともとは1日2食だった?

もともと日本では昼・夜の1日2食だったとされています。

ですが、近代に近づくにつれ、照明の普及により活動時間が長くなったり、
米を主食として食べるようになったため、1日3食にシフトしていったと考えられています。
(米を食べると一時的に血糖値が急上昇して満腹感を感じるが、その後、血糖値が
急降下して空腹感を感じるため、食事の間隔が短くなった)

因みに、西洋では発明したトースターを普及させるため、朝に食パンを食べることを
推し進め、1日3食が普及していったと言われています。

 

1日3食の弊害

前述したとおり、1日3食になったのは近代にシフトしたここ200年くらいの話です。

ただでさえ人間の体は1日3食に対応していないにも関わらず、
最近では食の欧米化や供給過多によってコンビニ等で簡単に安価で
高カロリーな食事を手に入れる事が可能になりました。

そうすると本来必要以上のカロリーを取り入れてしまったり、
手軽に食事をとることが可能になるので、食事の間隔が短くなり、
胃への負担も必然的に大きくなります。
こういった事が近年の生活習慣病等の病気に繋がっていることは
間違いないと言えるでしょう。

つまり健康になりたければ食べ過ぎるなということです。

1日1食のメリットとは

では私が実際に実践している1日1食のメリットとそれによってどのような
効果が得られたのか説明してこうと思います。

お金が貯まる

これは当たり前といえば当たり前ですが、単純計算で食費が3分の1になります。

私の場合は1食にする代わりに、それなりの質とカロリーがある食材を選んでいますので
3分の1とまではいきませんが、それでも普通に3食とるのに比べれば半分に抑えれます。
毎月食費が30,000円の人なら15,000円ですね。

また調理時間やそもそもの食事時間がないので時間の節約にもなります。

健康になる

1日3食の弊害について解説した部分でもありますが、現代人はカロリーの取り過ぎかつ、
常に胃に何かが入り消化活動を行っています。
当然身体に大きな負担になりますし、病気になる確率も大きくなります。

1日1食になると当然、カロリーのとりすぎや胃に負担が掛かることは少なく、
食事と食事の間隔が長くなるので、プチ断食の時間が出来上がります。

人間は飢餓状態に入ると身体に蓄積された脂肪等のエネルギーを消費し始めるので、
デトックスの効果もあり、健康にも繋がります。

食事や健康に詳しくなる

これは忙しかったり、本当にお金がなくて1日1食になっている人は別ですが、
自分の様に意識的に1日1食にシフトしようと考える人は必然的に食材選びや
健康についての意識が高くなります。

そうすると本を読んだり実際に実践したりと食や健康に対する知識が蓄えられていきます。
実際にこうやってブログで発信できているわけですからね。

 

まとめ

如何でしょうか。

当然、1日3食の人がいきなり1日1食にするのは辛いですし、
身体にも負担がかかる可能性があります。

ですが、少しづつでも良いので、1日の食事量を減らし、1日1食に
チャレンジしてみることをおすすめします。
実際に体験してみるとその恩恵がどのくらい大きいか感じる事ができ、
それが人生単位で見れば大きな変化となるでしょう。

食事
スポンサーリンク
iwanをフォローする
ミニログ

コメント