お金を使うべき対象とは

お金

皆さん、こんにちは。

今回はお金を使うべき対象について紹介したいと思います。

前回の記事でも触れましたが、日本ではお金の教育は殆どしませんし、

仮に何らかの形でお金を稼げるようになったとしても、

それを有効に使えている人が果たしてどれほどいるでしょうか?

 

お金の使い方には大きく分けて3種類ある。

では、早速ですが皆さんが普段生活している中で、何にお金を使っていて

どういった分類に分けられるか考えてみましょう。

消費

まず「消費」ですが、これは人間が日々の生活を行う上で必ず必要となる支出です。
家賃や光熱費、食費、消耗品費といったものが当てはまります。

人によって値段の違いはありますが、必ず必要となるので
0にすることは出来ないです。

浪費

次に「浪費」ですが、これは先程の消費と違い、人間が生活を行う上で
必要以上の支出となります。

例えば、飲み会代やギャンブル代、趣味嗜好品等、人間の一時的欲求を
満たすものが当てはまります。

これらは当然、無くても生活を送る上では問題無いので、
限りなく0にすることは可能です。
この浪費を限りなく0にする行為を一般的に節約と言います。

投資

最後に投資ですが、これはお金使って将来に今より大きなお金を
手に入れるために支払う支出になります。

自己投資や株式投資、不動産投資といったものが当てはまります。

スキルや経験等は無形の資産ですし、株式や不動産は実在する
有形の資産なので、これらは広い意味で見れば、自己資産となります。

何にお金を使うべきか

では、お金の使い方の3種類を理解したところで何にお金を使うべき

なのかを見ていきます。

目的意識を持って考える

「消費」は使う側の目的意識に関わらず、必ず掛かってしまいますが、
「浪費」と「投資」については使う側の目的意識によって大きく変わってきます。

飲み会を例に考えると、ただ会社の同僚と愚痴を言い合って飲んでいるだけだと
「浪費」となりますが、上司や有識者から経験や知識を学んだりする機会とするならば
それは「投資」となります。

同じ飲み会でもその人の目的意識や行動によって、「浪費」が「投資」にもなり得るわけです。

資産形成を考える

基本的には消費や浪費といったものはどれだけお金を使おうが
それが資産になったりお金を生み出すことはないです。

ですが、投資の場合、使った瞬間は一時的にお金は減ってしましますが、
長期的に見れば知識の習得であったり、良質な資産を得ることになるので、
将来、何倍もの額のお金を得ることに繋がるります。

何に投資すべきか

では、投資にお金を使うべきだと理解できたと思いますが、
投資にも色々な種類があります。
ここでは簡単に「自己投資」と「資産投資」の2種類に大別します。

まずお金を使うべきは「自己投資」になります。

何故かと言うと株や不動産投資というものは、最初にある程度の金額を
投資しないと大きなリターンを見込めないからです。

また、変動性があるため、投資額より減るリスクが有り、自分でコントロール
が不可能であるといったデメリットがあります。

ですが自己投資の場合、本等の勉強代であれば数万円あればかなりの
知識や思考を身につけることが可能です。加えて一度学んで身につけてしまえば
どんなに使おうが減ることもありません。

 

まとめ

如何でしょうか。

私自身、お金を稼ぐことを考えた時に、まずは社会人として、
自分の時間をい売ってお金を稼ぎ、そのお金を株等の資産に直接投資を
行いお金を増やすべきだと考えていました。

ですが、最近は本当にお金を増やすことを考えた時にまず自己投資にお金を
使うべきだと考えています。

自己投資を行わない状態で資産投資に手を出し、失敗してしまうと
再び自分の時間を売ってお金を稼ぎ出すしかありません。

ですが、自己投資で培ったスキルや思考を基にお金を稼ぎ出すことが
出来れば、資産投資に失敗した際のリスク分散にもなりますし、
そもそも自己投資で培ったスキルや思考というものは
資産投資を行う上で非常に役立つと考えています。

最近、ビジネス書を読んだりお金に対する思考を学んでいると特に強く感じます。

皆さんが、もし消費や浪費のみにお金を使っていたり、投資はしているけれど
株等の資産にのみ投資をしているのであれば、是非、自己投資を始めることをオススメします。

コメント